• トップページ
企業法務

一般企業法務・顧問弁護士

弁護士というと何か問題が起こった時に助けてくれるというイメージが強いかもしれません。また、敷居が高く問題があっても連絡しづらいと思うことも良くあるかもしれません。

しかし、問題が起こって弁護士を探したりするのは、適切な対応が出来なくなってしまう事があります。
そのため、会社を経営している方等は特に、日常的な会社の流れや業務について把握している弁護士がいることで、柔軟な対応ができるということはよくあります。

中小企業や個人事業主の方にとっては、大企業以上に顧問弁護士をつけるメリットが存在します。

たとえば、会社間の契約についても、規模が大きい小さいに限らず、顧問弁護士がいることで契約書をチェックしてもらうことができるので、不利な契約を結ぶことを防ぐことができます。

また、コンプライアンスでの紛争を前もって防止する「予防法務」の体制も協力して作り上げる事もできます。
従業員が法的なトラブルに遭ってしまったときにも、迅速かつ適切な対応をしてもらうことが可能です。

早い段階から十分な準備を行っていくことが、事業承継成功のためには不可欠となります。