• トップページ

交通事故

交通事故示談で、あなたは損をしていませんか?!

交通事故に関する様々な問題に直面したとき、最適な解決方法を選択する為には法律知識が必要です。保険会社との示談交渉も専門的知識を備えた保険会社を相手に交渉しないといけないため、不利益を被る可能性もあります。

多くの人が、自分に何ができるのか、相手方に対してどこまで請求出来るのか…など、当然知識、経験がないのであればわからないことです。

保険会社への対応に、不満や疑問を持ってしまう被害者は少なくはないと思います。
示談金に納得のいかない方や、保険会社の提示金額に納得できない方など、交通事故に遭われてお困りの方、お悩みの方は、弁護士にご相談下さい。

弁護士に依頼して150万アップ
弁護士に依頼するメリット

交通事故の損害賠償請求を、自分で対応するのではなく弁護士に依頼する事でどのようなメリットがあるのでしょうか?下記をご覧ください。

Q.
交通事故の損害賠償請求を自分で行うよりも専門の弁護士に依頼した時のメリットは?
A.
加害者や保険会社と直接交渉や裁判を行わず弁護士に任せられるのはまず第一に労力を省くことができます。
ケガの治療などの対応で困ることは当然ありますが、それ以上に加害者側の保険会社への対応がネックになる事もよくあります。
また、裁判について専門的な知識が必要なためその点においても、あえて勉強をしなくてもいいという点では、メリットになるかもしれません。
Q.
自賠責保険・任意保険と裁判基準では、損害賠償の請求額に差はありますか?
A.
あります。
自賠責保険、任意保険、裁判基準は、それぞれ損害賠償について、異なる基準が用いられており、金額では自賠責保険が最も低く、次に任意保険、最も高いのが裁判基準となります。
Q.
各保険会社の基準と裁判基準での違いは?
A.
任意保険会社から提示される金額は、裁判基準の金額の7割から8割程度と言われています。
Q.
交通事故の損害賠償請求は事故のときからどれくらいの期間まで可能でしょうか。
A.
交通事故の損害賠償請求は、通常の場合、交通事故が起こってから3年で時効によって請求できなくなります。後遺症が発生している場合は、後遺症の症状固定時から3年となります。しかし、自賠責保険の損害賠償請求権は、通常であれば事故時から2年、また後遺症があるケースであれば症状固定時から2年で時効消滅してしまいます。
ほかにも様々な疑問があるかと思いますので詳しくは、当事務所の弁護士にご相談下さい。